【 はじめに 】

ワタクシは契山館霊的トレーニングを実践し、水波霊魂学を学ぶ途上の未熟な一修行者であり、本ブログは個人的見解で記載していますので、内容は私の理解度によるものです。したがって内容の間違いや不備は私個人の責任です。

記事についての問い合わせや質問がありましたら、コメントへの記載やメールをいただけますと、できる範囲でお答えしたく考えております。 

ishimatsu☆aol.jp 石枩(いしまつ)(@を☆に置き換えて表示しています) メールの内容によっては返答致しかねることもありますのでご了承下さい。

ブログ本文ならびに図画については著作権を放棄しておりませんので、本ブログの無断転載・無断引用はお断り致します。

「これまで世界中で大勢の人達が霊的な真実を求めてきました。でも、おっしゃる事は皆、ばらばらです」《web記事紹介》

公開日: 2011年6月19日日曜日 web記事紹介





人として生を受ければ、やがて死を迎えることは誰しも了解していることです。

となりますと、
人生の中で一度も死後や霊についての話をしない人はおそらくいないと思われます。

その結果、自分の判断で「信じる」「信じない」決断することになります。
よしんば、霊的な世界を信じるという立場を取ったとしても、
信じるという立場の人達の話が全て噛み合うわけではありません。

霊的な事柄はところどころ似通った用語を使うことになる一方で、
実際に語られる内容は「結局ばらばら」になってしまいます。

これでは、霊的なことがらを探求したいと思い立ったところで
何を信じて良いのやら、さっぱりわからなくなってしまいます。


どうしてこういうことになったのでしょう・・・


そして、実際のところはどうなっているのでしょう・・・


そこで
霊的なことがらを「さぐる」あるいは「さぐった」という
方々はどのようにしてそのような情報を得たのか。
あるいは、よくあちらこちらで語られている
オーラや霊的技法などは
本当に世間でいわれている通りなのか、

などについて見直して整理したサイトを
紹介させていただきます。

Webページ霊をさぐるためには?です。


このサイトは、
自分が、霊魂学を学び、霊的トレーニングを学んだ「契山館」
からの情報発信であります。
したがって身内びいきと見られるやもしれませんが、
「霊をさぐる」ということのしくみや実際について
かなり詳細に説明してありますので、
参考になるものと思われ、一度目を通されますことをオススメ致します。

興味がありましたら
Webページ霊をさぐるためには?
をご覧下さい。



ランキング参加用のリンクをおいてみました。記事内容に興味を感じられた場合、リンクをクリックしていただけましたら幸いです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :