【 はじめに 】

ワタクシは契山館霊的トレーニングを実践し、水波霊魂学を学ぶ途上の未熟な一修行者であり、本ブログは個人的見解で記載していますので、内容は私の理解度によるものです。したがって内容の間違いや不備は私個人の責任です。

記事についての問い合わせや質問がありましたら、コメントへの記載やメールをいただけますと、できる範囲でお答えしたく考えております。 

ishimatsu☆aol.jp 石枩(いしまつ)(@を☆に置き換えて表示しています) メールの内容によっては返答致しかねることもありますのでご了承下さい。

ブログ本文ならびに図画については著作権を放棄しておりませんので、本ブログの無断転載・無断引用はお断り致します。

「一歩霊力」 #5 「知らなかった、そうなるなんて…」

公開日: 2012年2月9日木曜日 「一歩霊力」

現在のところ、世の中において、
何かマズイ結果を引き起こす行為に関係した場合

「意図していたのか、意図していなかったのか」

を問うことが重要な点のようです。
つまり、

「知らなかった、そうなるなんて…」

が、ウソでもなくて、必要とされる責任の放棄でもない場合は
本人に問われる責任がかなり少なくなるようです。
(かなり雑な説明ですみません)

本人が意図していない場合
そこには酌量の余地有り・・・これは、
現在のところ、世の中においては
当然と思われているようです。



さて、
死後・・・
霊魂の世界で・・・
霊的世界の法則にしたがって
本人の行く世界がおのずとつらい世界になった場合


「知らなかった、そうなるなんて…」

が通用するのかどうか・・・


現在のところ、世の中においては
当然と思われている
本人が意図していない場合(やむを得ずそうなった場合)
そこには酌量の余地有り・・・という考え方が・・・

死後・・・
霊魂の世界で・・・


はたして通じるのかどうか・・・



物理法則も
数学的な公式も
通用するかどうかわからない
次元の違う世界に

はたして通じるのかどうか・・・

「善悪の基準は絶対だろう」
という見解もあるようですが、
たとえば、過去に賞賛をうけていた英雄などは
宿敵らを虐殺し、(つまり殺人者)
それによって同胞や同志を救済したことになり、(つまり命を救った者)
こうなると、
現在の価値観では善悪の判断が困難になります
こうした形で過去に賞賛されていた人物には、
「善悪の判断」ができるのでしょうか

つまり、
その時代その時代で
変動する「善悪」という価値観を主張して
それが
次元の違う
死後・・・
霊魂の世界で・・・
はたして通じるのかどうか・・・

「知らなかった、そうなるなんて…」

と、言ってみたところで

世界はそれぞれの法則に応じて
結果が出るようです。

物質の世界は
物理法則や数学的公式に応じた結果が・・・

とある専門的な領域では
その領域に応じた判断基準という法則に応じた結果が・・・


次元の違う死後の世界は
どうやら
独自の法則があるようです。
以前にも触れましたが、

裁かれるということではなく
死後に用いる霊的身体の
健全度合いに応じた結果で

霊的世界の法則にしたがって
本人の行く世界がおのずと決まるようで

どうも、善悪は直接関係ないようです。


「知らなかった、そうなるなんて…」

「意図していたのか、意図していなかったのか」
が重要なのは

現在のところ、世の中において、
のみなのかもしれません。


残念ながら
世界はそれぞれの法則に応じて
結果が出るようです。

「知らなかった、そうなるなんて…」

どうも
次元の違う死後の世界は
どうやら
死後に用いる霊的身体の
健全度合いに応じた結果になるようだとのことです

できうるならば、死後に後悔するよりも
事前に対応できることは
しておくとよいのに、と多くの方々に
そう願わずにはいられません。
(とはいえ、あくまでも決めるのは本人ですが)



(もし、宜しければ以前の記事を参照下さい)



ランキング参加用のリンクをおいてみました。記事内容に興味を感じられた場合、リンクをクリックしていただけましたら幸いです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  



  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :