【 はじめに 】

ワタクシは契山館霊的トレーニングを実践し、水波霊魂学を学ぶ途上の未熟な一修行者であり、本ブログは個人的見解で記載していますので、内容は私の理解度によるものです。したがって内容の間違いや不備は私個人の責任です。

記事についての問い合わせや質問がありましたら、コメントへの記載やメールをいただけますと、できる範囲でお答えしたく考えております。 

ishimatsu☆aol.jp 石枩(いしまつ)(@を☆に置き換えて表示しています) メールの内容によっては返答致しかねることもありますのでご了承下さい。

ブログ本文ならびに図画については著作権を放棄しておりませんので、本ブログの無断転載・無断引用はお断り致します。

「一歩霊力」 #7 次のことを願うのですが、本人がいやだと言えば高貴な霊的存在ほど本人の意向を妨げないので、全ては本人次第ということです

公開日: 2012年3月14日水曜日 「一歩霊力」


本当でしたら、次のことを多くの人に歩んでいただきたいと
私自身は願うものです。

つまり
霊的なことがらを探求し
高級な霊的存在との約束事をもとにした「霊的トレーニング」
日々実践し、
(1)霊的身体の健全化
(2)霊的な意識の向上
(3)潜在する強い衝動の緩和

すなわち

死後低い世界に落ちないように、
死後用いる霊的身体の健全化を目指して(1)を・・・

人生の選択時に、過去世で解決されなかった
潜在する強い衝動による影響から、
過去世同様の失敗を繰り返さないために・・・
つまり「霊的カルマ」の解消を目指して(3)を・・・
(霊的カルマはむずかしい内容ですので
 説明は割愛しますがこちらを参照下さい)

そしてひいては、霊的生命体としての
本来の進歩向上を目指して(2)を・・・

・・・という具合に霊的世界のしくみに沿った対策
あるいは霊的生命体である「ひと」の本来の往き方を
できるだけ多くの人々に
歩んでいただきたいものですが
とはいえ
高貴な霊的存在ほど本人の「自由意志」を尊重されますので
外部から半ば強引に霊的な道に進ませようとも
高貴な霊的存在はそうしたやり方に援助していただけるとは考えにくく

結局、どうなるかは本人次第ということのようです。
例えば、いくつかの選択の違いをあげると以下のようになるでしょうか
(ただしこれは私の個人的な考えですので、私が間違えている可能性も
 もちろんあります)

選択の違いの例です・・・

…高貴な霊的存在を信じて、道とスクールを見つけ実践し、
 苦労しながらも向上するか
…何を信じてよいかをあれこれ迷い、
 向上するか不道徳な霊的存在の干渉を受けて不調となるか
 どうなるかわからないまま経過となるか
…合理的、実証的な事柄を重んじ、霊的なことは
 世間並みには信じてはいるものの求道的にもならず
 霊、宗教、神仏には御利益的な興味はもつが
 向上の機会と縁遠いまま過ぎていくか
…さらに合理的、実証的な事柄をより重んじ、
 重視しすぎるあまり
 霊、宗教、神仏への信仰をまるで考えず、
 高貴な霊的存在もその意思を尊重せざるをえず
 結果として、高貴な霊的存在との接点がなくなってしまうような
 状態のまま、経過してしまうか

いくつか選択の違いの例をあげましたが

結局、どうなるかは本人次第ということのようです。
(ただし今並べた例は私の個人的な考えですので、
 私が間違えている可能性も、もちろんあります)

自分としては以前の記事でも紹介しましたが以下を強調したく思います。

霊的な世界はこの世で言う善悪、倫理、道徳が
直接関係することは少ないようですので
(間接的な関係はあるようですが)
霊的身体が(特に幽体)が健全かどうかが
まず重要であると言えるようです

となりますと、善事をした、悪事を働いた
ということで極楽へ行くとか地獄へ行くとか
そういうイメージはそれが必要な時代もあったようですが
霊的世界のしくみから見直すと
善事や悪事の結果がどうか、というのは
的を射ていないようです。

(↓以前の記事に用いた図を再登用します)














興味がありましたら以下のwebページを見ていただけますと幸いです。
------------------------------------------------------------------------------------
水波霊魂学早わかり


15.幽体が傷ついていると、死後の世界では
   上の世界には入れないのですか?


17.悪い事をすると地獄に落ちるのですか?

19.では、天使のような霊魂が住む世界に入るには
   どうすれば良いのですか?

------------------------------------------------------------------------------------


ランキング参加用のリンクをおいてみました。記事内容に興味を感じられた場合、リンクをクリックしていただけましたら幸いです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :