【 はじめに 】

ワタクシは契山館霊的トレーニングを実践し、水波霊魂学を学ぶ途上の未熟な一修行者であり、本ブログは個人的見解で記載していますので、内容は私の理解度によるものです。したがって内容の間違いや不備は私個人の責任です。

記事についての問い合わせや質問がありましたら、コメントへの記載やメールをいただけますと、できる範囲でお答えしたく考えております。 

ishimatsu☆aol.jp 石枩(いしまつ)(@を☆に置き換えて表示しています) メールの内容によっては返答致しかねることもありますのでご了承下さい。

ブログ本文ならびに図画については著作権を放棄しておりませんので、本ブログの無断転載・無断引用はお断り致します。

じみれい#4「この世は地獄にまた同じ」

公開日: 2013年12月18日水曜日 じみれい詩風雑文

[2013.12.18]

この世に生きるは大変で
時に見聞きする出来事は
あまりに悲惨で気も塞ぐ
こころ温まる話もあるが
全ての人が幸福ではなく
立場、環境、能力差など
個々人の違いは人生さえ
大きく大きく違うが現実

(以下、詩風雑文つづく)

------------------------------------------------------

じごくごくらく
どこにござるか

この世は
じごくかごくらくか

この世の有り様
見渡せば
妬み憎しみ恨みあり
その上、
心の中でも終わらずに
はては相手を殺傷す

念で幽体傷つけて
物理的にも殺傷し
互いの肉体幽体
ボロボロで
とてもごくらくに見えやせぬ

しかしまた
この世の有り様
見渡せば
助け手伝い思いやり
仄かで短く終われども
優しき思いの花もある

ああ、まんざらに
この世は捨てたもんじゃないものだ

そういう安堵の思いなど
広くあまねく永らえば
どんなにいいかと思えども
そうした思いの傍らで

我が意我が身を守らんと
家族のためならなおさらに
意念想念飛びひしめき
事件や事故が拍車かけ
取り合いへし合いたたき合い

はては多くの命の脅かし
それらに曝され糾弾す
はたまた相手を罵倒する
ときには誰かを殺傷す

起こる出来事凄まじく
かすかな花もあるけれど
総じて見れば見渡せば
この世はじごくにまた同じ

このまますぎてゆくのなら
死してなお
同じであるから
行く先々も
これもじごくにまた同じ

体の奥にしまわれた
こころの奥にしまわれた
幽的身体にしまわれた
思いが激しく発露せば

おのずとこの世はくるしみつらなり
思いのままに皆が暴走するなら
この世はじごくにまた同じ


高貴な御霊(みたま)の力うけ
身の深奥を浄めたく
思うて御わざを行のうて
清い流れを願いたし


神伝の法
あまねくわたるを
願い伝えたし

(2013/12/18)
------------------------------------------------------


ランキング参加用のリンクをおいてみました。記事内容に興味を感じられた場合、リンクをクリックしていただけましたら幸いです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :