【 はじめに 】

ワタクシは契山館霊的トレーニングを実践し、水波霊魂学を学ぶ途上の未熟な一修行者であり、本ブログは個人的見解で記載していますので、内容は私の理解度によるものです。したがって内容の間違いや不備は私個人の責任です。

記事についての問い合わせや質問がありましたら、コメントへの記載やメールをいただけますと、できる範囲でお答えしたく考えております。 

ishimatsu☆aol.jp 石枩(いしまつ)(@を☆に置き換えて表示しています) メールの内容によっては返答致しかねることもありますのでご了承下さい。

ブログ本文ならびに図画については著作権を放棄しておりませんので、本ブログの無断転載・無断引用はお断り致します。

じみれい#10「命が無限でないならば」

公開日: 2014年4月25日金曜日 じみれい詩風雑文

[2014.04.25]

(以下は個人的な詩風雑文です)


「命が無限でないならば」


そう、
命が無限でないならば

例外なく
等しく
ヒトに死の来たり

祖父母も父もそうだった
そして母もやがてはそうなろう
もちろん自分自身も
またおなじ

外つ国(とつくに)に
旅立つ前には
すべきこと
なすべき準備が
まちうけて
旅に際して為すことを

死出の旅
それには、とんと無頓着

私や皆や世の人は
悪人でなし、普通に暮らし、
墓参に、詣でに、祖霊供養、
他者の不幸に涙して
頭(こうべ)を垂れて、手を合わせ
黙祷重ねて
冥福祈る

それは確かに
よいことで
世のならわしからして
敬虔だろうが

思慮と愛のより深く
尊い御霊(みたま)の方々の
伝えたき思いや言葉は
如何なものか

    そこではなく…
    ヒトの世の善即ち霊的と限らず…
    ヒトが霊的生命体であることを…
    死後に用いる身体を…
    その身体に栄養を…
    その身体を健全に…
    そのため高い幽気と接し…
    高い幽気との接点求め…
    霊感や霊能力など要りやせぬ…
    約束事や霊的世界の法則に…
    それらに適った(かなった)儀式や修行で…
    高級な霊的存在との接点を…
    かさねて高い幽気得て…
    真に真に霊的で…
    霊的であるをもとめかし…

と、嘆かれているかと
そんなように
思われた
花の季節の一方で
ヒトに霊的な花のまだ
来らず悲しき今の世に


[by ishimatsu & μχ]

------------------------------------------------------

興味があるのでしたら
広い見識をお持ちの霊魂からメッセージを受けた霊媒
水波一郎師の
霊魂について問う「霊魂は居ると思いますか?」
ヒトと共にあるも肉体の自分に意思の伝わらず苦悩する「幽体の悲劇」
霊的トレーニングの「神伝禊法」
の著書をオススメ致します。

  

ランキング参加用のリンクをおいてみました。記事内容に興味を感じられた場合、リンクをクリックしていただけましたら幸いです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

2 件のコメント :

匿名 さんのコメント...
石枩(いしまつ) さんのコメント...